夢と現実のギャップ

小説や伝記などを読んだり、テレビ番組を見たりして看護師の活躍を知る機会は多々あります。その影響を受け、小さい頃から将来の夢は看護師、という人が多くなっているようです。そういった夢を抱いて看護師を目指し、学校で勉強してついに資格を取得することができると、望んでいた現場で働くことができることに胸いっぱいになるものです。
しかし、現場に出てみると夢に思い描いていたものと現実との違いに滅入ってしまうことも珍しくありません。本やテレビでは内容が美化されていたり、全体の中の一面しか見せられていなかったりするものであり、対比させてしまうとそのギャップに驚愕を受けてしまいがちなのです。それが理由で気力が低下してしまい、結婚や出産などのタイミングを見計らって現場から離れていってしまう看護師もいるのが現実となっています。
そのような状況にならないために重要なのは就職前から現場の事実を知っておくことであり、実習の経験を積める学生の間によく現場の看護師と話をしておくことが重要です。学校にはリクルーターが来てくれる場合もあり、その人との話を通して夢と現実とのギャップを少しずつ埋めていくようにしましょう。急激に違いを認識してしまうと驚愕の度合いが大きくなってしまうものの、少しずつ理解をしていくことで楽に現実に順応していくことができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です