将来を考えた資格

将来の夢を思い描くのは自由であり、それに基づいてどのような人生計画を立てていくかが、夢を実現できるかどうかを分けるポイントになります。
女性にとって魅力的な仕事とされる看護師になるためには資格が必要ですが、その資格が有用となるか不要になってしまうかは、どんな夢を持つかに大きく依存します。
女性が考える人生計画として、社会人として働いたらあるタイミングで結婚をして子どもを生み、そのときに退職をして育児に励むというのは典型的なものです。しかし、その後の人生をどのようにしていきたいかは人によって大きく異なる点であり、ベテランとして働いていきたいと考える人は看護師として働くことは、人生設計を成功させたと言えるのではないでしょうか。
ずっと働きたいと考えている人は、結婚するにしても結婚前にしばらく働いてから実務経験を得ておくことで、育児に一通り区切りがついた中年頃に再就職をして働くという道を選んでうまくいっているのです。
現場経験のある看護師は医療でも介護でも重宝されているのが現状であり、多少のブランクがあっても中途採用で即採用になることすらよくあります。ブランクがあることが不安になってしまっても、地方自治体や病院が実施している研修を受けることができるようになっており、現場に戻りたいと考えると充実した支援制度ができているのです。こういった現状があるからこそ、看護師ではベテランとして働いていきたいと考えた計画性のある夢を持っている人が成功していると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です